FC2ブログ
キタムラコーポレーションのブログ
サラリーマン大家さんを対象に投資物件の仲介と管理業務を行なっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界の明示
今自分の1物件を売りに出していますが、ブロック塀が自分の敷地のものか、隣地のものか分からない状態で困っています。

宅建の勉強中に分かったのですが、契約書には必ず ”売主は引渡しまでに境界を明示する” というフレーズが入っています。

しかし、私は過去6回ほど収益物件を購入していますが、一度も明示してもらったことはありません。。

ひどくな~い?!

自分が住むわけではないのであまり真剣に聞いていなかったのが悪いのですが、実際に、持分の私道などで杭を打ったりするとなるとかなりの出費となります。

そのため、当たり前なのですが、契約時には必ず売主さんには、境界を写真等で明示してもらうように強調して伝えていますが、結構曖昧な返事が返ってくるのが現実です。

しかし、それでは私のように出口(売り時)に困ることになるので、しっかりと明示してもらいましょう。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://fudosan100.blog95.fc2.com/tb.php/18-deb7424c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

北村

Author:北村
代表の北村です。
サラリーマン時代に不動産投資を行い13年間いた製薬業界を飛び出し、不動産会社で修行の後独立しました。
専門:不動産投資・管理・競売・リフォーム
資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャルプランナー



ツイッター



スポンサードリンク



カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のトラックバック



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。