FC2ブログ
キタムラコーポレーションのブログ
サラリーマン大家さんを対象に投資物件の仲介と管理業務を行なっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管理会社について①
管理会社についてしばしば相談があります。

このネタは立場的に非常に書きにくいのですが、重要なのは複数の管理会社に管理内容と管理費を聞いて回ることだと思います。

しっかりした管理会社は、きちんと管理内容の書類が整っていますが、何でもやの不動産会社ですと、かなり適当な場合が散見されます。

管理内容は、大抵どこも同じような内容ですが、私が特に気にするのは以下の2点です。

①集客力(客付け)が強いかどうか
②入居者とのトラブルにきちんと対応できるかどうか

①客付けが強いかどうかというのは、賃貸雑誌、店頭、インターネットの3拍子の広告媒体がきちんと整っているかどうかです。

さらに重要なのは、インターネット広告の媒体です。

ある大手賃貸会社のデータによれば、インターネットで物件を確認をしてから不動産会社に行くというパターンが最も多いのです。

大手フランチャイズの賃貸会社の場合は、そのサイトからの集客力が絶大ではありますが、それ以外にも自社サイト、アットホームやホームズにも掲載しているかを確認しています。

アットホームへ登録すると、自動的にYAHOO!不動産を初めとした多くの媒体に掲載されます。

ホームズも同様に、楽天を初めとした多くの媒体に掲載されるため、インターネットはかなりの部分で網羅できるのです。

にもかかわらず、自社サイトと業者間のみにしか情報を流さない管理会社は結構多いです。

前の会社でeビジネスマネージャーを務めていた私としては、はっきり言って論外です。

今どきインターネットを積極的に活用していないような管理会社は、勉強不足で客付けも弱く、今後時代に取り残されていくだけだと思います。

また、募集広告は必ず確認することです。これじゃぁ誰も希望しないだろうという広告は結構ありますので。


②入居者とのトラブル対応についてですが、客付けが強い業者は、若い担当者が多く、入居者とのトラブル対応が弱いことが多いです。

入居者からのクレームにきちんと対応しない、家賃滞納者への催促が弱い、退去時の立会い時に全て入居者の要望を聞き入れ敷金をまるまる返還する..など

さらに怖いのは、入居者とのトラブルが大家に来たときです。もう話が来た時点で、時すでに遅しです。。

管理会社と入居者の間でさんざん言い争いになって、らちが明かずに大家に話が来てしまうのです。


話が来るだけまだましかもしれません。

私の場合、いきなり入居者から調停を申し立てられ、裁判所から出廷命令が来たことがあります。。

まさに青天の霹靂でした。

調停が終わるまで約半年弱の間、精神的にかなり苦痛でした。

この時はさすがに即管理会社を変更しようと思いました。

しかし、客付けについては非常に強く文句がないので、別の管理会社を探しつつも、その入居者が居住している間は、きちんと責任を果たしてもらおうと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://fudosan100.blog95.fc2.com/tb.php/25-74d35545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

北村

Author:北村
代表の北村です。
サラリーマン時代に不動産投資を行い13年間いた製薬業界を飛び出し、不動産会社で修行の後独立しました。
専門:不動産投資・管理・競売・リフォーム
資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャルプランナー



ツイッター



スポンサードリンク



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のトラックバック



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。