FC2ブログ
キタムラコーポレーションのブログ
サラリーマン大家さんを対象に投資物件の仲介と管理業務を行なっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入居者の自殺。。
私のアパートで自殺者が出てしまいました。。

先日、アジアン調の部屋にリフォームした部屋のあるアパートです。

その時、浄化槽付近が臭かったので浄化槽屋さんに、掃除の見積もりをとっていたのですが、僕が嗅いだその臭いは、どうやら死体の臭いだったようです。

亡くなった事が分かったきっかけは、『○○○号室からお経を唱える声がして気味が悪いので、調べて欲しい』という一本の電話からです。

ずっとその入居者に連絡をとってもつながらず、緊急連絡先である父親からも連絡をとってもらうようになっていたのですが、まったく連絡がつかず、強制的にその部屋を開けることとなりました。

実は、そのアパートは、以前より別の管理会社で管理を行ってもらっていて、実際に私は立ち会っていません。

管理会社の担当者いわく、首吊り自殺をしたようで、死体は腐乱しており、床に死体がくっついていたそうです。

僕は決済で銀行にいたので抜けられませんでしたが、3日間は行かないほうが良いと言われました。

理由は、その光景と臭いだそうだそうです。

その光景は、担当者があまり思い出したくなさそうで、あまり話をしてくれませんでした。

そして、死体の臭いは衣服に染み込み、何日間も落ちないようです。

実際に私の会社でも過去に管理物件で自殺者が出た部屋があり、そのときは臭いがとれたのは3日ではきかなかったそうです。

その後、警察も立ち入り、アパート周辺は騒然としていたそうです。

また、その入居者の父親とも連絡が取れたそうですが、自分の子供の有様がそうとうショックだったようで、落ち着いたら今後のことについてお話するということになりました。

最近、テレビで物騒な事件がアパートやマンションで起こるたびに、オーナーさん今後どう対応するのかと心配していましたが、まさかわが身に降りかかるとは思いませんでした。


私が不動産投資のリスクを考える上で、最も恐れていたリスクの一つがこの自殺者です。

まだ連絡は来ていませんが、退去する人も出てくるでしょうし、家賃の引き下げも確実になります。

当然のことながら、マイソク(広告)には自殺があったということの記載義務があります。

父親に対しては、今の心情を考えると酷かもしれませんが、その部屋の前全面リフォームは最低限していただくつもりです。

損害賠償請求もしたいところですが、保証人は保証会社、それもよりによって先日破綻したリプラスなので難しいですが、父親としてどう対応していただくかを問うつもりです。


やはり不動産投資のリスク分散として複数棟を所有するのは間違っていないと思いますが、それにしても、『お経の声が聞こえて気味が悪い』という電話は一体なんだったのでしょうか。。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://fudosan100.blog95.fc2.com/tb.php/59-65a126cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

北村

Author:北村
代表の北村です。
サラリーマン時代に不動産投資を行い13年間いた製薬業界を飛び出し、不動産会社で修行の後独立しました。
専門:不動産投資・管理・競売・リフォーム
資格:宅地建物取引主任者・賃貸不動産経営管理士・ファイナンシャルプランナー



ツイッター



スポンサードリンク



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のトラックバック



最近の記事



最近のコメント



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



月別アーカイブ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。